透輝の滴

透輝の滴の使い方! 効き目を最大限に活かす使用法を紹介します!

更新日:

透輝の滴の使い方! 効き目を最大限に活かす使用法を紹介します!

すごい商品

透輝の滴はすごい商品だと思いますが、ただひとつ残念なのは、使用方法が詳しく書かれていないこと。
他の化粧品では、しつこいくらい詳細に使用方法が説明されているので、なんとなく物足りなさを覚えます。
もちろん、使用方法に書かれている通りに用いれば、肌はキレイになります。でも、「他に専門家しか知らないコツや凝った使い方があるんじゃないのか」と、疑心暗鬼にかられるのです。
だって、商品モデルをやられている城嶋さんを見て下さい。肌の綺麗さが半端じゃありません。きっと、何か秘密があって、そのやり方を使えばあれだけの美しさが得られるんですよ……。
というわけで、「透輝の滴の力を最大限に活かす使い方はないのか?」——その疑問に答えを見つけようと、調査に乗り出しました。

クレンジングの注意点

使い方には「1回に500円玉大の量」と書いてありますが、これはあくまで目安で、その時に合った分量を使います。
私の場合、ナチュラルメイクをしている時は500円玉大でちゃんと落とせました。でも、しっかりしたメイクになると、この量では落としきれません。
そんな時は、もっとクレンジングの量を増やしましょう。そうすればしっかりメイクも落とせます。
大事なのは肌にクレンジングが馴染む量を使うこと。その量ならこすらなくてもメイク落としはバッチリです。

奥に隠れた汚れも取りやすくなる

洗顔時の注意点

洗顔石鹸は、面倒臭がらずに必ずネットを使って泡立てましょう。
トライアルセットにも専用の泡立てネットが付いているので、それを使えば大丈夫です。
この時、ネットの水分に注意して下さい。量が多すぎると、ちゃんとした泡が立ちません。
最初は水分を控えめに。少なすぎる場合は少しずつ水を足してゆきましょう。そうやって注意しながら泡立てると、しっかりした弾力のある泡になります。
ここで洗顔する時のポイント。一旦濡らした顔をタオルでおさえ、余計な水分を吸収させましょう。
こうやって水分を取ると、石鹸の成分が毛穴に入りやすくなります。すると奥に隠れた汚れも取りやすくなるわけです。
それに、水分のせいで泡が柔らかくなるのも防げます。

透輝の滴の使い方の注意点

顔を洗ったら、化粧水を使う前に透輝の滴(美容液)の出番となります。
洗顔した後すぐに使うのはやめましょう。なるべく肌のほてりが取れてから使うことです。
ほてりがおさまったら、手に取った透輝の滴を肌になじませ、優しく押さえます。こうすることで浸透度も増します。
目元・口元など気になるところには、1滴から2滴を追加してさらに浸透させます。

化粧水の使い方の注意点

透輝の滴の後、化粧水を使います。
透輝の滴がキチンと肌に浸透した後につけるようにしましょう。
表面の濡れた感じがなくなり、「少し肌が乾燥してきたかも?」と思えるくらいまで待ちます。
透輝の滴は浸透が早く、5分もかからないはずです。ちゃんと浸透させた後だと、化粧水の効き目もアップします。

クリームの使い方の注意点

物足りない
基本的なケアは、透輝の滴と化粧水のコンビで充分。ただこれだけだと、「肌のツッパリがイヤだ」とか、「物足りない」と言う人もいます。
そんな場合、クリーム、あるいは保湿ジェルを重ねてもらって結構です。ただ、つけすぎるのは厳禁。
過度に保湿してしまうと、肌そのものが持っている保湿機能は衰えてしまいます。
透輝の滴は、肌に成分を浸透させながら自然治癒力を活性化する化粧品。保湿の度が過ぎ、肌を弱らせてしまっては、透輝の滴を使う意義が半減してしまいます。
私も最初は物足りなくてクリームを少しだけつけていましたが、使っているうちに透輝の滴と化粧水だけで大丈夫になりました。
「エイジングケアをしたいならクリームをたくさん使いましょう」という考えは古いのです。

-透輝の滴

Copyright© 本当に効いた!透輝の滴の口コミ・効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.